クルーズ専門旅行会社

2011年03月18日

危機一髪の大津波

2011年3月9日、名古屋港を出港した”きそ”に乗船しました。
その日は東北地方に地震があり、福島の沿岸などに津波警報が出されていましたが、
21時間の航海中は、ほとんど穏やかな海でした。

翌10日の夕方、予定通り仙台港に着岸しました。
車でそのまま家路を急ぎ、帰宅の後には、また別の用事で車を飛ばしたりしました。

そして3月11日金曜日、午後2時40分頃に襲った、前代未聞の大地震

フェリーが1日遅れての出港だったなら、
仙台港に押し寄せた、高さ10メートルの大津波に、
私は飲み込まれていたでしょう。

フェリーの港からの産業道路には、多くの遺体が投げ出されていたとのこと。
テレビに映し出されたその道路は、10数時間前に私が通ってきた道でした。



ラベル:大津波 大地震
posted by 海の子 at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

さよなら ミスいしかり

海の貴婦人に喩えられてきたいしかりの最終航海が近づきました。
思えば、いしかりに初めて乗船したのは、7年前の5月でした。
万感の思いをこめて乗船した船が、たまたまいしかりだったのです。

船内の色彩はブルーに統一され、天井も高く、
船内の各スペースも広くゆったりしていて、
私はすっかりいしかりのファンになりました。

いしかりは、来月3月中旬に新しく生まれ変わるということです。

さよならミスいしかりよ

たくさんの思い出をありがとう!!

posted by 海の子 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

津波とフェリー

津波が発生するとき、フェリーの安全はどのようにして守られるのか、
それは乗船客にとって、大きな関心事です。

2010年12月22日、午前2時20分ごろ、小笠原諸島・父島近海を震源とする地震があり、父島や母島で震度4を観測しました。

気象庁は一時、津波警報を西日本太平洋沿岸に出しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20101222-00000007-jnn-soci

この時間帯、苫小牧から名古屋港に向かっている太平洋フェリーは、
津波警報が発令された付近を航海していたはずです。

どのように対処したかというと、
http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/

ということで、低気圧の影響により、ちょうど欠航になっていたということです。
ラベル:津波 フェリー
posted by 海の子 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

伊勢湾フェリー再出発

鳥羽〜伊良湖航路の9月末での廃止を表明していた
伊勢湾フェリーは、関係自治体の支援を受けて、
新たな経営体制下で再出発することになった。

伊勢湾フェリーは、高速道路割引の影響などによる利用者の激減から
負債が膨らみ、9月末での航路廃止を3月に届け出ていた。
8月下旬に経営陣と三重、愛知両県、鳥羽、田原両市が、近鉄と名鉄から
株式を取得する形で存続が決まったという。

ー以上、中日新聞2010年10月1日 夕刊社会欄(12面)よりー
posted by 海の子 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 海のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

伊勢湾フェリー

伊勢湾フェリーが運航継続になったニュースが入り、ほっとしました。

ヤフーニュースより
  ↓

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/local_transportation/

でも、他のフェリー各社でも、同様な苦闘は続いているはずです。
国のモーダルシフト政策は、どこに行ったのでしょうか?

フェリーに乗る会」のようなイベントでも作り、
フェリー会社を盛り上げたいものです。
posted by 海の子 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

フェリー乗船客の行方不明事故

フェリーの甲板などに立っていると、
万が一ここから海に落ちたりしたら、
誰もわからないだろうなという思いにかられることがあります。

今日、そんな事故があったというニュースが入りました。

ヤフーニュースより
 ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000032-jij-soci
ラベル:フェリー
posted by 海の子 at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 海の事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

フェリー運賃、期間限定値下げ

太平洋フェリーの運賃(自動車+運転者分)が、期間限定で
値下げされます

10月1日から来年3月まで、たとえば
名古屋・仙台間、乗用車と運転者の運賃が、
片道15,500円になります。

期間限定とは言え、嬉しいニュースです。

太平洋フェリーとしては、おそらく
利用者(車)がどのくらいこの期間に増えるのか
見るのでしょう。

一昨年以来、一気にアップした運賃のため
利用者(車)がかなり減り、会社の経営にも影響しているのでしょう。
,
片道15,500円、往復31,000円と言えば、
新幹線で一人が往復する金額よりも低額です。

心憎い金額設定です。

このサイトにアクセスして下さった皆さま、
ぜひこの期間限定値下げを利用してみませんか。




posted by 海の子 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

太平洋フェリーの運賃・料金

太平洋フェリー運賃・料金は、今年の春頃から大幅に上がりました。
「ご理解を」という言葉が、フェリー会社のどこかの掲示物に書いてありました。

原油の価格が大幅にアップした頃は、
利用者として「理解」していました。

しかし、秋頃から原油価格が大幅に下落しても
太平洋フェリー運賃・料金を元に下げようという姿勢は見られません。

太平洋フェリーは、便乗値上げをしたに過ぎなかったのでしょうか?

新幹線よりもかなり低価格で利用できるというのが
太平洋フェリーの大きなメリットでしたが、
今は新幹線の方が断然得です。

太平洋フェリーの企業姿勢が問われます。

posted by 海の子 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

きたかみ

きたかみに乗りました。
較べるということは、あまり良いことではないと思いますが、
きたかみに乗船すると、何となくホッとします。

というのは、スタッフがとても温かい雰囲気だからです。
まず、出港前に、船長さんが放送で挨拶してくれます。

船長さんの生の声での挨拶を聞くと、長い航海でも
何となく安心感が得られます。

また、スタッフ一同、笑顔を絶やさず、親切です。
最近では、船内いたるところに
生花が活けられています。

そして手作り、手書きの壁新聞、、、

3隻のうち、最も古い船ですが、
最もアットホームな船です。

トップへ
ラベル:船長 きたかみ
posted by 海の子 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ラウンジショーの楽しみ

太平洋フェリーでは、毎夜ラウンジショーがあります。
無料で入場できます。
いろいろなエンターティナーたちが登場しますが、
最近、私がよく出会い、そして聴く度に感動するのは
菅沼 直さんのジャズ&ボーカルです。

最初、彼のジャズ&ボーカルを聴いたときは、
あまりの素敵さに驚きました。
どんなところが素敵だったかというと
ジャズ演奏やボーカルのうまさはもちろんですが
客席の一人ひとりを見つめながら演奏するのです!

これはよほどピアノ演奏に自信がなければ
普通の人には出来ないことと思います。

ジャズを弾いている間、ピアノの鍵盤を見るということは
ありません。

彼の話では
アメリカに行っていた頃
ナット キング コールという黒人の
ジャズ&ボーカル演奏者のステージを見たとき
その仕方に感動し、
その後、自分も取り入れたのだそうです。

菅沼 直さん、
これからも頑張って
素晴らしい演奏を聴かせて下さい。

posted by 海の子 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。