クルーズ専門旅行会社

2016年05月04日

苫小牧港発、大洗港行きの商船三井フェリー「 さんふらわあふらの」で転落事故か。

北海道の苫小牧発、茨城県の大洗港行きの旅客フェリー「さんふらわあふらの」で、
転落事故があった模様です。

4日午後2時半ごろ、茨城県の大洗港に入港した苫小牧(北海道)発の旅客フェリー「さんふらわあふらの」の乗客2人の下船が確認できないと、運航会社の「商船三井フェリー」(東京)から茨城海上保安部に連絡がありました。


航行中に海中に落ちた可能性もあり、茨城や室蘭、函館、釜石、宮城各海上保安部の巡視艇などが、
航路周辺の海域を捜索しています。


今日はかなり強風が吹いていました。


陸地でさえかなりの強風で、警報が出たりしたくらいですから、
海上は、かなり暴風に近い時間帯もあったのではないでしょうか?



茨城海上保安部によると、乗客がフェリーを降りる際の下船券2枚が回収されず、2人が行方不明になっていることが分かったということです。


乗船名簿には2人に該当するとみられる60代男女の名前の記載がありましたが、
船内に残されたバッグに身元に結び付く所持品はなかったということです。



フェリーは3日午後6時45分に苫小牧を出港、4日午後1時45分に大洗に入港しました。



長時間の船旅は、事故が発生しても、すぐには分かりにくく、今回のように
目的地の港についてから分かるケースがほとんどです。



一旦、海中に転落したら、助かる見込みもかなり低くなるようです。

お二人の無事を祈ります!!






posted by 海の子 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。