クルーズ専門旅行会社

2010年12月22日

津波とフェリー

津波が発生するとき、フェリーの安全はどのようにして守られるのか、
それは乗船客にとって、大きな関心事です。

2010年12月22日、午前2時20分ごろ、小笠原諸島・父島近海を震源とする地震があり、父島や母島で震度4を観測しました。

気象庁は一時、津波警報を西日本太平洋沿岸に出しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20101222-00000007-jnn-soci

この時間帯、苫小牧から名古屋港に向かっている太平洋フェリーは、
津波警報が発令された付近を航海していたはずです。

どのように対処したかというと、
http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/

ということで、低気圧の影響により、ちょうど欠航になっていたということです。


ラベル:津波 フェリー
posted by 海の子 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 太平洋フェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。